スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイブリッドカーの歴史

世界初の、量産型ハイブリッドカーであるプリウス
登場したのは、1997年12月でした。

それは世界の自動車業界が、企業哲学を大きく転換させたことを示す、
象徴的なハイブリッドカーだったと言えるのではないでしょうか。

プリウスの開発が始まった、1990年代初頭は、石油価格が第二次オイルショック時の半値以下に落ち込んでいました。
この傾向は、その後も続き、エネルギー資源の枯渇問題は現実味に乏しく、話題にさえならなかったのです。

しかし2度のオイルショックを経ているので、消費者も企業も大きく意識を変えつつありました。
そして限りある資源の有効活用と大気汚染の防止、co2の排出削減は、先進国の共通意識となり、
メーカーは次世代省エネ、低公害車の開発へと突き進んでいるのであります。
スポンサーサイト

BMW 買い替え周期や時期は?

BMW の買い替え周期や時期は?
BMW は何年乗るのが良いでしょうか?


BMWの常として、年次改良されることで、数年後には全ての点で先代モデルに勝る
クルマに進化していきます。

ということは、余裕があれば、FMC(フルモデルチェンジ)後の初期型を購入したら、
3~4年後に後期型に買い換えるサイクルが理想ですが・・・。

プリウスの乗り心地とかっこいいモデル

プリウス三代目に乗っていますが、そろそろ新しい型のプリウスが欲しくなってきました。
早速、プリウス三代目の買取相場の情報を収集しておかなければならないと思っています。

プリウスの新しい型は、4代目にフルモデルチェンジとなり、燃費環境性能、
さらには走りの性能にも磨きをかけています。
ここでは、操縦性と実用性を主体に見ていきましょう。

 ・操縦性
  低重心化とボディ剛性の向上により、ドライバーの意図した通りの走りを実現しています。
  乗り心地も改善され、前席だけでなく、後席でも快適にドライブできます。

 ・実用性
  居住空間の拡大は、荷室容量にも好影響を及ぼしています。
  6対4分割可倒式シートによって、多彩な用途に対応しています。
  床下のサブトランクもユーティリティーが高いです。

4代目のプリウスは、走行性能や快適性も進化し、燃費以外にも魅力のある、
かっこいいモデルとなっております。


トヨタのハイブリッド車とプリウス

1997年量産型ハイブリッド車のプリウスを、トヨタが世界で初めて発売してから既に20年以上が経っています。
最初は大した需要もありませんでしたが、今は環境問題もあり、急速にハイブリッド車の時代となっています。

その中でハイブリッド車の先駆けとなったプリウスも4代目が2015年に発売され、また、クラウンなど、ほとんどの車種が既にハイブリッド化されております。

そいうことからも、現在乗っているクラウンもハイブリッドのクラウンアスリートに、乗り換えようと考えています。
近くに、平成21年式クラウンアスリートの買取査定に出そうと、予定しているところです。

ところでハイブリッドには電池が必要になりますが、搭載される電池の生産体制が強化されると共に、新しい電池の開発も進めていこうと研究を始め、現在はリチウムイオン電池を使っていますが、それを超える電池の研究、開発が進められてもおります。

トヨタが持っている全ての技術を集結させ、次世代自動車を作り上げる為に、トヨタは常に進化を続けているんです。

5代目オデッセイは理想的なミニバン

現行モデル、5代目のオデッセイは、
エリシオンとの実質的な統合によりいわゆるミニバンらしさを実現し、
Lクラスミニバンの王座らしくなった。

サイズは、4代目オデッセイより一回り以上拡大し、
車内空間も大幅に拡大され、3列すべての席がゆとりある空間となった。

また、ステップ高は30cmとライバル車より圧倒的に低く、スライドドアも新採用され、
子供からお年寄りまで楽に乗り降りできる理想的なミニバンとなっている。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。